[掲示板に戻る]


過去ログ
キーワード 条件 表示

[2261] Re:[2260] yokogawa 2051-3 投稿者:evaevaoyazi 投稿日:2014/07/07(Mon) 09:59  

Googleで YOKOGAWA 2050 SERIES で検索できます。


[2260] yokogawa 2051-3 投稿者:onarih 投稿日:2014/07/07(Mon) 01:26  

タイトルの型番の直流電圧計に心当たりがある方いませんか?


[2259] Re:[2257] R3267のケースの外し方を教えてください 投稿者:UZ42 投稿日:2014/06/22(Sun) 09:35  

昨日秋葉原の計測器屋さんに寄ってケースの外し方を聞きましたがRFシールド材料が固く詰まっている可能性はあるがアドバンテスト製はわからないとのこと。アジレント製は隠しネジがあるそうでアドバンテスト製も同様の可能性があるかもとのことです。


[2258] Re:[2255] MS2602A修理 投稿者:JA6IPF 投稿日:2014/06/16(Mon) 23:21  

TT@北海道 JE8RAOex様、ご回答、有難うございます。MG3660AのPLL修理は以前より拝見させて頂いておりました。

修理に関するヒントを頂き有難うございます。成程とは思っておりますが隣のブロックとの隙間が少なく、とても動作させながらの点検は難しい様です。修理諦めが出てきていましたがもう少し頑張ってみます。


[2257] R3267のケースの外し方を教えてください 投稿者:UZ42 投稿日:2014/06/14(Sat) 15:47  

バックアップ電池交換のためケースを外そうとしましたがはずれません、リアパネル側の6本のネジを外しましたがケースが動きません(サービスマニュアル通りと思うのですが)、まだ足りない作業があるのかもしれません。ご指導いただきたくお願いいたします。


[2256] Re:[2207] ADVANTEST、R3132 投稿者:川田 投稿日:2014/06/14(Sat) 14:20  

既に問題解決済みの様ですが、私もR3132で同様の症状が発生し困っております。どの様に解決されたのでしょうか?



[2255] Re:[2250] MS2602A修理 投稿者:TT@北海道 JE8RAOex 投稿日:2014/06/13(Fri) 21:00  

JA6IPFさま:スペアナではありませんが、アンリツのSG MG3660AのPLLを修理したことがあります(ググれば記録が出てきます)。興味ある件なので出てきました。MS2602AのサービスマニュアルVol1のブロック図は拝見しました。現状どこまで判断が付いているのかわかりませんので外しているかもしれませんが、私が確認したいと思うところを思いつくままに挙げてみます。まずロックしないという症状の出方が気になります。周波数がゆっくり揺れるのか、スペクトルが広がっているのか。もし別のスペアナかVHF受信機があるのであれば500MHzの汚れ方を見ると判断の参考になるかもしれません。500MHzは出ているということなので、2GHzを方結で取り出しアンプして1/4する部分は動作しているということだと思いますので、これに続くSPD(Sampling Phase Detector)への入力のアンプ、そして100MHzリファレンスのアンプの動作を確認したいところです。もし蓋を開けたまま動作させられるのであれば、スペアナまたはVHF受信機でアンプ前後のレベルを確認でしょうか。私ならハンディ機のホイップアンテナを回路に近づけて様子を見ます。それがOKなら、SPDがどんな構成なのか詳細はわかりませんが、SPDの出力を当たれるのであれば、それをオシロで確認、またその付近のループフィルタ等をちょんちょんとテスター等で触った時に、2GHzが揺れるかどうか。またリファレンスの100MHzのコネクタを抜くことができると思いますので、そのとき症状がどう変化がするかは簡単にテストできると思いますのでこれも判断材料になるかもしれません。ちなみにMG3660Aの場合は基板上VCOの直前にループを切るためのジャンパがあり、それを抜くことで動作の変化を観察することができました。もし万が一SPDがダメなら致命的ですがそうでないことを祈ります。基板写真があれば何か参考になるかもしれません。以上もし不適切な書き込みあれば削除ください。無事修理できるよう願っております。


[2254] Re:[2253] MS2602AサービスマニュアルVol2 投稿者:JA6IPF 投稿日:2014/06/11(Wed) 23:13  

JA4FHB局、貴重な情報有難うございます。

service manual vol.2のぺーじを見て来ました。20ユーロ、¥2,800程度ですね。けど良く見たかったなと感謝しております。
注文に掛かったのですがOFFICE OUTLOOKが起動する様なので止めました。以前、これでひどいめに合いました。



[2253] Re:2252 MS2602AサービスマニュアルVol2 投稿者:JA4FHB 投稿日:2014/06/11(Wed) 12:58  

JA6IPF様 こんにちは 下記のサイトにあるかもしれません。 価格は22.000EUR CD版みたいですが?
外れかもしれません。念のため。
ttp://www.jbtech.de/manuals/anritsu/ms2602a.html


[2252] Re: MS2602A修理 投稿者:JA6IPF 投稿日:2014/06/11(Wed) 08:57  

加藤様、おはようございます。有難うございます。

アンリツのマニュアルは古い機種で有れば英文ながら見つかりそうです。以前にMS2601Aのサービス、オペレーションのマニュアルがダウン出来ました。

サービスマニュアルVol1にはブロック図は載っているものの配線図が載っていません。Vol2は社外秘みたいでNETには無いようです。

この掲示板で以前に同じ様にMS2602Aのマニュアルを探していた方が居られましたが返事無しでした。


[2251] Re:[2250] MS2602A修理 投稿者:加藤 投稿日:2014/06/11(Wed) 00:13  

JA6IPFさまこんばんは。
サービスマニュアルVol1はよく探されましたね、探せばあるんですね。
アンリツはサービスマニュアルなど絶対に出さないですよ、
仕事では色々使っていましたが、はっきり言ってサポート悪いです。私のMS2721のハングアップもうやむやです。
まして少し古い機種になると全く相手にしてくれない、買うときは高いのに。
お力になれなくてスミマセン。


[2250] MS2602A修理 投稿者:JA6IPF 投稿日:2014/06/09(Mon) 00:14  

 皆さん、こんばんわ、初めて書き込みさせて頂きます。この掲示板は以前から参考にさせて頂いています。
 この掲示板は皆様の技術力が高くて簡単にはお教え頂けないと理解しています。

今、アンリツのスペアナMS2602Aのジャンク品を入手して修理を行っています。(これだけでも怒られそう・・・)
 現状、困っているのはリアパネルに出てる500MHzがロックしません。500MHzは2GHzVCOにPLLを掛け4分周して出しています。

 オペーレーションマニュアルはVol1〜3をダウンしました。サービスマニュアルはVol1をダウンしました。が、Vol2が見つかりません。

修理に関しましては電源の電圧確認はOK
2GHz-PLLに関しましては入力の100MHzの確認は出来ています。
(周波数カウンターで測定しました。)

今日、PLLに使っているバリキャップ1SV210を交換しましたが駄目でした。怪しいコンデンサー2個を交換しましたが駄目です。(近似値)

此処でいよいよ煮詰まってしまいました。これ以上は今の処、私の手には負えません。NETで調べまくっていますが有効な情報は有りません。いよいよ困ってこちらに書き込みをさせて頂きました。

1.サービスマニュアルVol2を見させて頂く事は可能でしょうか?(「アンリツに申し込め」といわれるのは判っているのですが。)

2.同じ様な症状の修理をされた方は居られませんでしょうか? 出来たらお教えお願いします。

最後の最後、困って、こちらに書き込みさせて頂きました。宜しくお願いします。乱文・乱筆、お許し下さい。






[2249] Re:[2248] Re:2247 R3247バックアップ電池 投稿者:UZ42 投稿日:2014/06/02(Mon) 15:05  

JA4FHB様大変ありがとうございます。ベージ7-255〜7-257にありました。P-257にはNi-Cad Batteryの記載もありますので二次電池なのまもしれませんが。これでかなりクリヤーになりました、大変感謝いたします。またこの掲示板の開設者と親切な諸先輩方々に敬意を表します。


[2248] Re:2247 R3247バックアップ電池 投稿者:JA4FHB 投稿日:2014/05/29(Thu) 23:42  

UZ42さま
WWW.yumpu.comの5.45CPU Block Removalにはバックアップ電池はありません。マザーボードのコネクターJ12に電池があります。詳細は下記の「www.ko4bb.com」のサイトにあるマニュアルの「R3261_3361_maint_6of6」の7−255ページに所在が載っています。下記はマニュアルのあるURLです。
://www.ko4bb.com/manuals/index.php?dir=Advantest/Advantest_R3261_R3361/R3261_Service_Manual


[2247] Re:[2246] [2245] Re:2244バックアップ電池の交換 投稿者:UZ42 投稿日:2014/05/28(Wed) 11:42  

R3267 Maintenance Manualを見つけました。5.4.5CPU Block Removalのページを参考に探してみようかと思っているのですが。
://www.yumpu.com/la/document/view/23021597/advantest-r3267-r3273-spectrum-analyzer-service-manual


[2246] Re:[2245] Re:2244バックアップ電池の交換 投稿者:UZ42 投稿日:2014/05/28(Wed) 09:39  

コメントいただきありがとうございます。既に電池切れでメモリ機能が消滅しておりますすので単純に取り替えを試みることになります。まだケースも開けたこともないのでチャレンジしてみますが、業者さんの話では基板についている端子付リチュウム電池の取外しと取付とのことです、電池のある場所が容易に分かるのか心配です。当局にとっては虎の子のスペアナなので安全に確実に修理できればとの思いです。


[2245] Re:2244バックアップ電池の交換 投稿者:JA4FHB 投稿日:2014/05/28(Wed) 08:09  

おたずねの機種のバックアップ電池の交換はしていませんがアンリツなどの計測器のメモリー電池の交換経験から一般的には単純に同等品と交換すれば良いと思われますが、メモリーの内容に測定セットアップ設定値以外にキャリブレーションデーターも保存している機種の場合は本体電源OFF状態でバックアップ電池を外すとそのデーターが消失してしまうので交換前に同一電池をパラ接続して,バックアップ電圧を確保した状態で、古い電池を新品に交換する必要があります。

キャリブレーションデーターを別途に外部保存する方法が確立されている場合は単純な交換方法で出来ます。

メモリー電池が基板に半田付けされておらず、リード線で接続されており、電池のみ交換可能であれば、本体の電源を入れた状態で、短絡させないように注意して古い電池のリード線をカットして、そのリード線に新しい電池を短絡や極性に注意して交換する方法もあります。

以上、私の経験から


[2244] R3267RAMバックアップ電池交換 投稿者:UZ42 投稿日:2014/05/27(Tue) 17:17  

アドバンテストのスペアナR3267のメモリバックアップ電池の交換方法をご存じの方おりませんでしょうか?業者さんでは高くとても手が出ません、自分でやります。類似製品の事例でも参考になります。


[2243] Re:[2242] 最新のSDR 投稿者:JE6LVE 高橋 投稿日:2014/04/27(Sun) 11:15  

JA2GXU 土屋さん、こんにちは。

Apache LabsのANAN-200Dの情報ありがとうございます。

素晴らしい性能ですね。

最近はSherwoodのReceiver Testでも上位はSDRが増えてきましたが、
ANAN-200Dがどれくらいのポジションになるのかが楽しみです。

高性能SDRトランシーバでその上ソフトで高性能スペアナ、ネットアナとしても使えると$4000は安いかもしれません。
円高だったらもっと良かったのですが(笑)




[2242] 最新のSDR 投稿者:JA2GXU 土屋 投稿日:2014/04/26(Sat) 22:59  

SDRをVNAとして、使うソフトは、TAPR_HPSDRで開発中です。

TAPR_HPSDRベースのApache LabsのANAN-200Dは、今年の2月19日にリリースされ、160m〜6m帯用で、IP3は、+45dBm以上、IMD_DR3は、110dBです。

LOの位相雑音は、1kHz離隔で-140dBc/Hz、10kHz離隔で-149dBc/Hzですので、静かな受信が可能です。
私も2台所有しています低位相雑音のSSGとして代表的なHP8662Aは、1kHz離隔で-133dBc/Hzです。

プリディストーション(DAPD)により送信時のIMD3は、定格100W出力時に、-48dB、小出力(0.5W)時のIMD3は、-80dBで、低歪化を実現しています。一般的なハム用機器より、20dBから50dB程度改善されております。

外部10MHz基準入力により、GPS受信機の基準周波数出力、ルビジウムOSC及びセシウム・ビーム周波数標準等に同期可能です。

同期した受信部2式があり、適切に離隔設置した無指向性アンテナ2式により、方向探知(DF)、受信ビーム方向可変が出来ます。無論、ダイバーシティ受信が出来ます。

スペアナとしても使用出来、ソフトにより14台のスライス・レシーバとして各バンドのウオッチが可能です。

スペアナ、各バンドのスペクトラムチェック等高分解能・高機能になっていますので、紹介しました。