VR-5000使用記

スタンダードの広帯域受信機VR−5000購入しました。
いままで長らくアイコムのIC−R100を使用してきましたが最近になりAORのAR−8600やVR−5000などの
固定機が発売になったので他のRIGと同時に導入しました。

気に入った点

・100Khzから2600Mhzまでの広い範囲をオールモードで受信できます
・メイン周波数の+-20Mをサブバンドで同時受信できるので救急無線など同時にワッチできます。
・バンドスコープはメインの受信が途切れることなくリアルタイムで表示され大変便利です。
・白色LEDのバックライト液晶は見やすくムラも無く高級感もばっちりです。
・パネルやメインダイヤルのつくりが上等で高級感があります。
・受信感度も十分で混変調も少ないほうだと思います。特に50Mあたりの感度は抜群です。


・不満な点

・マニュアルがめちゃくちゃ読みにくいです。
・Sメータが携帯電話形式なので細かいレベルが読めません。
・時計が内臓されているのはよいのですが外部電源を切るとリセットされるのはダメダメです。
・メモリースキャンのときにワンタッチでバンクの移動が出来ません。
・メモリーに名前をつけれるのですがカタカナでも付けれるようにしてもらいたい。
・CAT対応なのですがコマンドが少ない。PCからコントロールできるソフトを出してもらいたい

VR−5000はAORのAR−8600と比較されてダメ受信機との評判がついているようですが私の感想では全然そんな事はありません。
たしかにAORの受信機と比較すると洗練されていない部分も多く見受けられますが。
ただ、初期ロットは悪かったようでそのためにVR−5000の評価を全体的に下げているような気がします。
私のは2月の地点で最新の第4ロットで第3ロットから受信範囲拡大の改造方法も変更になっています。
IC-756ProとIC-910DとVR-5000を並べると同じようなデザインなので気に入っています。