並三(並四)ラジオ作成

昔から一度作ってみたかったものに真空管機器があります。
ただ現在は真空管をはじめとする部品の入手が非常に困難です。
そのため後何点かの部品が入手できずあきらめかけていたのですが、
そのことを掲示板に書き込みましたら北海道のOM局よりパーツをお譲りいただきました。

並三ラジオに使用する真空管(ST管)です。
右から6C6、12F、76、6ZP1 2本、6D6

集まったその他の部品です。

シャーシの上に乗せてみました。いい雰囲気です。

2002/10/19少し進みました

やっとシャーシにパーツを組み立てました。これから配線に入ります。

2002/10/20 一気に組み立ててしまいました

外から見えるパーツは出来るだけ当時のものを使用しました。

なれないシャーシの配線で見苦しいです

ヒーターの灯りがほんのり点灯していい感じです。もう少し大きなスピーカーをつけてやろうと思います。

今回昔から一度作ってみたいと思っていた真空管機器を何とか製作することが出来ました。
当時は学校の教材だった並三ラヂオも現在製作しようとするとパーツの問題や回路図を含めた
情報の問題で簡単には作れない時代になっていました。
しかしインターネットのおかげでOM各局からパーツや指導を頂き何とか完成しました。
昔のラヂオを最先端のネットワークを利用して製作するというのもアンバランスな気はいたしますが。(笑)

貴重なパーツをお譲りいただいき製作するきっかけを作っていただいたBWH鎌田OM、
ネットで親切に教えていただいたTTT加藤OMにこの場をかりて御礼申し上げます。