秋月電子通商のディジタルインダクタンスメーター(Lメーター)を作成しました。

このキットはDVMを使用してコイルのインダクタンスを測定する装置です。


キットに入っているDVMです。

私はDVMのキットのみ購入し作成してあったのでそれを使用しました。

まずは部品の確認をしましょう。足りない部品等をこのときに確認しておきましょう。
このキットで使用される抵抗器はすべて金属皮膜抵抗です。金属皮膜抵抗は誤差が少なくて良いのですがカラーコードがものすごく読みにくいので私はテスターで測定してこの写真のように発泡スチロールの板にさして分類しました。
説明書の指示どおりジャンパーとICソケットを取りつけます。
次に抵抗を取りつけます。抵抗は縦方向、横方向で向きを合わせておくと確認の時わかりやすくなります。

プリント基板の完成です。

次はケースの加工をしましょう。


Next