実験用のAFアンプを作成しました。

定番のLM−386を使用した出力0.5Wのアンプです。

簡単な回路なので穴明き基板で作成しても良かったのですが手元に秋月のキットが有ったので

使用しました。


部品をそろえましょう。

私はキットを使用しましたが1から組んでも部品はわずかです。

電池スナップやつまみなどの回路図にかかれていない部品の買い忘れに注意しましょう。

完成した回路です。LM-386の1番と8番ピンにコンデンサをつないで利得48dbで作成しました。

ケース加工のレイアウトを考えます。

ケースはリードのPL−4を使用しました。

スピーカーはケースの上から音が出るように加工します。
内部のレイアウトは写真のようにしました。

次はケースの加工をしましょう。

今回は丸穴だけなので簡単です。

穴がずれないようにポンチを使用して位置決めをします。

私は写真のような充電式電動ドライバードリルを使用しています。

ケースにパーツを組み込みました。

キットを使用したのでプリント基板に無駄ができてしまいました。

AFアンプの完成です。

バラック回路の調整などに大変重宝します。

ゲルマラジオもスピーカーで鳴らすことができます。